認知症の原因疾患

No Image

パーキンソン病は、主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患で、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。
パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当た ...