認知症

スポンサードリンク

認知症とは、私たちの心身をコントロールしている重要な器官である脳がうまく働かなくってしまうやっかいな病気です。司令塔である脳が故障してしまうのですから、日常生活に支障が出るというのも当然ですね。
様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり働きが衰えたりしてしまうために様々な症状が起こってきます。物忘れなどの記憶障害、自分がどこにいるのか判らなくなる見当識障害、判断力の衰えなどなど、これらの症状が長期間(およそ6ヶ月以上)続いている状態を「認知症」としているそうです。

認知症を引き起こす病変で最も多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれるものです。アルツハイマー性認知症や前頭・側頭型認知症、レビー型小体病などがこの「変性疾患」にあたります。
次に多いのが、脳梗塞や脳出血、脳動脈硬化などを原因として、脳に酸素や栄養分が十分行き渡らなくなってしまう事により脳の神経細胞が死んでしまう「脳血管性認知症」です。
この2種類、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」が認知症全体の8割程度を占めています。

痴呆と認知症

認知症

認知症は、以前は「痴呆」と呼ばれるのが一般的でしたし、浸透していました。しかし、この「痴呆」という名称が差別的印象を与えるという問題提起を受けたことから、厚生労働省が中心となり検討を重ねた結果、2004年12月24日、厚生労働省(以下厚労省)は「痴呆」の名称を「認知症」と改めることを決定しました。以後、行政機関や医療機関においても徐々に名称変更が進み、現在では「認知症」という名称がが一般にも浸透しているのは皆様も感じられるでしょう。
ちなみに、痴呆という名称が差別的であるとされたのは、「痴」「呆」ともに「愚か」「馬鹿」という意味を持つ漢字だからだそうです。
もっと以前の江戸時代では、「痴呆」は「耄碌」(もうろく)・「老碌」(ろうろく)と呼ばれて一種の老化に伴う一時的な現象と捉えられていたようです。余程深刻な症状でなければ医師が関与する事も無く、社会でも柔軟に受け止められていたようです。当時においてはその介護は専ら家族によって任されていたが(介護保険制度などないですからね)、祖先の霊が家を守っていると信じられていた当時においては、介護に尽くすことで高齢者が死後に祖先の霊として新たに加わって家を加護してくれる事で家族もまた報われると信じられていた節もあり、親への孝行を重視された儒教思想も加味されて、介護を負担としてのみで捉えてはいなかったようです。
(ここはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋いたしました。)

スポンサードリンク
Filed under: 認知症 — admin 4:34 PM