認知症高齢者急増!305万人

スポンサードリンク

厚生労働省の予想を上回ったそうですが、同省の予想は当たったためしがないと感じるのは私だけ?

それはともかく、超高齢化社会の進展と共に、当然のように認知症に罹患する高齢者も増加の一途をたどっているようです。以下引用しますが、

厚生労働省は24日、2012年の認知症高齢者が推計で305万人に上ると発表した。65歳以上人口の約10%を占める。従来の予想を上回るペースの増加で、20年には400万人を超える見通しだ。
 厚労省によると、03年時点での予想は10年で208万人、15年で250万人、20年で289万人だった。同省は認知症高齢者が当初の予想を上回った原因について

  1. 介護保険制度が普及し調査対象者が増えた。
  2. 高齢者の寿命が延びた(3)病院で受診する高齢者が増えた―などと分析している。

しかし、10年9月の要介護認定に関するデータを基に推計し直した結果、10年ですでに280万人と予想の1.35倍となっていたことが判明。15年で345万人、20年で410万人、25年で470万人に達するという。(Yahooニュースより)

5年ごとに60~70万人くらい増えていく勘定ですか。昔は人生50年だったのですが、今では男性が79.64歳、女性が86.39歳伸びているとか。
人生50年の時は認知症になる前に寿命が尽きてしまう人が多かったのでしょうが、30年以上寿命が延びた現在ではそうもいきません。医療や介護の公的制度ももっとしっかりしたものになってくれないと困る人はいっぱい出てくるのでしょうけど、誰がその負担をするのかという事が大問題なのでしょうね。消費税5%上乗せできたようだけど、公共事業に使われてしまいそうな雲行きになってきているし、どうなるんですかねぇ。

スポンサードリンク
Filed under: 認知症関連ニュース — admin 3:05 AM