認知症の中核症状

スポンサードリンク

認知症は、何らかの原因により脳の細胞が壊れていくことによって起こってくると考えられています。認知症が進行すると認知症状が現れてくるわけですが、その症状はアルツハイマー型や脳血管性認知症など、認知症の種類によって変わってきます。しかし、共通して現れる症状もあるのですが、それらはおおきく「中核症状」と「周辺症状」に分類することができます。

中核症状

認知症の症状で共通しているといわれている中核症状には、記憶障害、判断力の障害、問題解決能力の症状、実行機能障害、検討式障害、そして失行、失語、失認などがあげられます。これらの症状は、脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状であるとされています。

記憶障害

人間の脳には、眼や耳から得られた情報を取捨選択し、関心のあるものを一時的に保存しておく「海馬」と呼ばれる器官と、重要な情報を長期間保存するための「菊の壺」とも現せる機能をもっています。記憶の壺に入れられた情報は長期間保存され、必要なときに必要な情報を取り出せるようになっています。
 この便利な機能も、加齢とともに海馬の機能が衰えていき、一度にたくさんの情報をとらえておくことが難しくなってきます。また、捕らえたとしても「記憶の壺に」移すのに手間取ったりするようになります。逆に、記憶の壺の中から必要な情報を取り出す作業もスムーズに行われにくくなります。これは、通常は加齢に伴う「ど忘れ」として現れてきます。こうなっても一応は「海馬」が機能してはいるので、幾度かそれらの作業をしていくうちに、大事な情報はなんとか記憶の壺に収まってくれます。ここまではメデタシメデタシです。
ところが認知症になるとこうはいきません。認知症になると海馬の機能が極端に衰えてしまうので、捕らえた情報を記憶の壺に収めることができなくなってしまいます。新しく入ってきた情報を記憶できなくなり、さっき聞いたことが思い出せないといった状態になります。認知症がさらに進行すると、記憶の壺までが衰えてしまい、これまでに覚えていたはずの記憶まで消滅していってしまうのです。

見当識障害

見当識障害とは、現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握することができなくなる状態を指しますが、これも認知症の初期から記憶障害と並行してよく現れる症状です。
まず、時間に関する感覚が薄らいできます。時間の感覚が麻痺してくるので、予定に合わせた行動ができなくなる等の現象が出てきます。さらに認知症が進行すると、時間感覚だけでなく日付や年次まであやふやになり、今日は何日かと何度も聞くようになったり、服装に季節感が無くなったり、さらに自分の年齢がわからないなどが起こってきます。
場所や方向に関する感覚が薄らいでくると、慣れているはずの場所に行くのに迷子になる等の症状が出てきます。初めは方向感覚が薄らいでも、周囲の景色等をヒントにして道を間違えないで歩くことができますが、夜間など暗くてヒントがなくなると迷子になります。
進行すると、近所で迷子になったり、夜、自宅のお手洗いの場所がわからなくなったりします。また、距離感も鈍くなるのか、通常ではとうてい歩いて行けそうにない距離を歩いて出かけようとしたりします。
人に関する見当識は、認知症がかなり進んでから出てくる症状です。病状が進行し、記憶の壺まで衰えてしまうと過去の記憶がなくなってしまうので、自分の年齢や、周囲の人との関係がわからなくなります。80才の人が、30才以降の記憶を失ったために、50才の娘に対し、姉さん、叔母さんなどと呼んで家族を混乱させたり、過去になくなっている母親が心配しているからと、遠く離れた故郷に歩いて帰ろうとしたりします。

理解・判断力の障害

認知症になることで、ものを考えることにも障害が起こってきます。考える速度が遅くなったり、いくつもの情報を並行してうまく処理できなくなったりします。
一度に処理できる情報の量が減ってしまうので、情報が重なると混乱してしまいます。
また、些細な事柄や、いつもと違う状況に対処できず混乱するようになります。
例えば、お葬式での行動に不自然さが目立ったり、突発的な出来事、夫の入院などで混乱してしまったりで認知症が発覚することがあります。こういった状況では、本人が混乱したときに補助してくれる人がいれば日常生活は継続できることが多いものです。
さらに、観念的な事柄と、現実的、具体的なことがらをうまく結びつけることができなくなるので、「糖尿病だから食べ過ぎはいけない」ということはわかっているにもかかわらず、目の前のケーキを食べてよいのかどうか判断できないということが起こります。これは正常人でも日常起こりそうですが、「わかっているけどやめられない」欲望に負けるのとは違い、そもそも判断がつかなくなっているところにに違いがあります。また、目に見えないメカニズムを理解することができなくなるので、自動販売機や交通機関の自動改札などがうまく使えなくなります。

実行機能障害

健康な人は頭の中で計画を立て、予想外の変化にも適切に処理してスムーズに進めることができます。しかし認知症になると、計画を立てたり按配をしたりできなくなるので、日常生活がうまく進まなくなります。スーパーマーケットでニンジンを見て、健康人ならば、自宅にはゴボウがあったのできんぴらを作ろうと考えます。ところが認知症になると、自宅のゴボウのことはすっかり忘れて、ニンジンと一緒にゴボウも買ってしまいます。さらに、夕食の準備ではそれらのこともすっかり忘れて、別の材料で全く別の総菜をつくったりします。後に残るのはニンジンと二つのゴボウです。こういうことが幾度となく起こり冷蔵庫には同じ食材が並びます。認知症の人にとっては、ご飯を炊き、同時進行でおかずを作るのは至難の業なのです。

感情表現の変化

最近はKYなどと言うはやり言葉がありましたが、認知症になるとその場の状況が読めなくなってきます。
通常、自分の感情を表現した場合の周囲のリアクションは想像がつきます。私たちが育ってきた文化や環境、周囲の個性を学習して記憶しているからです。さらに、相手が知っている人なら、かなり確実に予測できます。しかし認知症の人は、記憶障害や見当識障害、理解・判断の障害があるので、周囲からの刺激や情報に対して正しい解釈ができなくなっています。その結果、ときとして周囲の人が予測しない、思いがけない感情の反応を示します。

スポンサードリンク
Filed under: 認知症 — admin 9:44 PM