ブルーベリーとイチゴで認知症予防??

スポンサードリンク

最新の研究によると、ブルーベリー等のベリー類を多く食べる女性は、年齢を重ねた後も認知機能の低下リスクが低いことがわかったそうです。

ハーバード大学医学部とその付属病院の1万6,000人の女性のデータを用いて行われた研究で、被験者は健康と生活スタイルに関するアンケートに回答した上での参加となっています。
1976年から集められてきたデータを用いて、1995年~2001年の間に2年ごとに、平均年齢74歳の被験者の認知機能を調査したというものです。

なぜブルーベリーやイチゴが認知機能によいのでしょうか?

ブルーベリー

ブルーベリーやイチゴには、フラボノイドという物質が豊富に含まれているのですが、このフラボノイドに効果があるそうなのです。

ストレスや炎症は、認知機能に悪影響を及ぼす可能性があるのですが、フラボノイドには抗酸化効果と抗炎症効果があり、フラボノイドを多く摂取することで、認知機能への影響を軽減することができるというわけです。
今までの研究で、フラボノイドの一種のアントシアニンを使った実験でも、アントシアニンを大量に摂取することで、認知機能の向上が見られるという結果が出ています。

もちろん健康状態や、運動など他の生活習慣の影響も大いに関係すると考えられていますが、アントシアニンを含むフラボノイドを多く摂ることが、認知機能に良い影響を与えることは間違いないようです。(マイナビニュースより)

スポンサードリンク
Filed under: 認知症関連ニュース — admin 1:39 PM