パーキンソン病

スポンサードリンク

パーキンソン病は、主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患で、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。
パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約1人とされているので、日本全体では10万人以上の患者さんがいると推定されています。我が国では高齢化社会が進行中という事もあり、今後ますます患者数は増えていくだろうと予想されています。
50歳、60歳代で発病することが多いパーキンソン病ですが、70歳代以上の高齢で発病する方も稀ではありませんし、時には40歳前に発病する方もいます。パーキンソン病は遺伝する病気ではないようですが、年齢の若い段階で発病した方の中には遺伝子の異常がある方がいる事がわかってきています。

パーキンソン病の症状

初期では身体の片側から症状が始まり、徐々に他の部分へ進行するという特徴があります。その他に、便秘や立ちくらみなどの自律神経症状、睡眠障害、気持ちがふさぎこむ抑うつなどの精神症状が認められます。

具体的症状

運動症状

  • じっとしている時に片側の手や足がふるえる
  • 表情が乏しく抑揚の無い声になる
  • 関節が硬く引っ掛かりを持つ
  • 立ち姿が少し前屈みで歩き方が小刻みである
  • 歩く際に手を振らない
  • 歩き始めや途中ですくむと次の一歩がなかなか出ない
  • すくんでも音や線をまたぐなどをきっかけに良くなる
  • 身体がどちらかに傾く
  • 字が小さくなる

精神症状

  • 気持ちの落ち込み
  • 意欲、自発性の低下
  • 夜間の不眠
  • 認知の問題

自律神経症状

  • よだれが多くなる
  • 顔が脂ぎってくる
  • トイレが近くなる
  • 汗が多くなる
  • インポテンツ
  • 手足のむくみ

パーキンソン病の原因

パーキンソンの原因と考えられているのは、脳内のドーパミンが不足することです。
中脳の黒質といわれる部分の細胞が、何らかの原因により減少がしている症例が確認されています。黒質の神経細胞は、大脳基底核と呼ばれる場所へ接続しているのですが、神経同士の連絡のやり取りにドーパミンが使われています。 細胞の減少によりドーパミンの合成が不足してくると神経同士の情報のやりとりがうまくいかなくなり、その結果としてパーキンソン症状が起きてくると考えられています。細胞減少がなぜ起こってくるのかの理由は不明な点が多く解明されていません。
正常なドーパミンの量の20%以下になるとパーキンソン病を発症すると考えられており、ドーパミン以外の神経伝達物質とのバランスの崩れも発症の原因になっているのではないかと考えられています。

パーキンソン病の治療

パーキンソン病は最もよく研究されている難病のひとつで、最もたくさんの治療法が開発されている疾患です。パーキンソン病は治療により症状の改善が期待できる病気です。

薬物治療

パーキンソン病の原因であるドーパミンの不足を補う事で症状を緩和する薬物治療が最も重要となります。また、ドーパミンの働きを補助する点に作用する複数の薬剤が使用できるようになっています。効果の異なるクスリを組み合わせてより効果的な治療を行うなど、きめ細かい対応が行われています。
どの薬剤を選び、どのくらいの量を服用するのかについては、個々の患者さんの症状、年齢などを考慮して判断することになりますので、病状に合わせた適切な治療を行うためには定期的な診察が必要となります。

リハビリテーション

パーキンソン病では運動症状が主なので、リハビリテーションとして様々な運動療法が行われています。適切なリハビリテーションを行う事で、病状の安定や緩和、日常生活の向上が期待できます。病状に合わせたより専門的なトレーニングを行う事により、症状の軽減や苦痛の緩和に有益な治療となっています。

手術治療

薬物治療やリハビリテーション治療も長期間行っていると様々な問題点に直面します。薬剤の効果が安定しない場合や副作用の問題などです。そのような薬剤とリハビリテーションの問題点を補う治療として、手術治療があります。以前より、特定の症状の緩和を目指した手術は行われきましたが、特に最近では脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation: DBS)と呼ばれる新しい治療法が開発され、一定の効果が得られる事がわかってきました。原因を解決する手術では無いので病気の方全てに勧められる方法ではありませんが、クスリやリハビリテーションの効果が乏しい特定の病状の方には、優れた症状緩和効果を示す場合があり、第3の治療として位置づけられています。

スポンサードリンク
Filed under: 認知症の原因疾患 — admin 1:39 AM