イチョウ葉エキス

スポンサードリンク

イチョウ葉エキスとは、その名の通りいちょうの木の葉から抽出されるエキスのことです。イチョウ葉エキスは、ヨーロッパ諸国での需要が非常に高く、売り上げの上位を独占しています。また、イギリスやアメリカでは「ギンコー(Ginko)」と呼び、ずっと賢いままでいたいと思う人の間で普及しています。
ヨーロッパで作られるイチョウ葉エキスの原料のほとんどは、日本から輸出されています。イチョウ葉エキスの成分として、フラボノイドが24%、テルペノイドが 6%含まれることが分かっていますが、残りの70%の詳細については今のところ不明です。イチョウ葉エキスには13種類のフラボノイドが含まれており、そのうちの6種類(ギンケラチンやイソギンケチン)は二つのフラボノイドが結合した二重フラボンです。また、イチョウ葉特有の成分としてギンコライト、ギノライド、ビベライドなどがあり、その働きが注目されています。

イチョウ葉エキスの効能・効果

アメリカの病院でイチョウ葉エキスが喘息の改善目的に使われるようになったのは1990年代のようですが、民間療法として喘息にイチョウ葉エキスが使われてきた歴史は記録に遡れるようです。イチョウ葉エキスの喘息改善への応用は始まったばかりなので、イチョウ葉エキスの何が喘息に効果を発揮しているのかはデータが揃っていません。イチョウ葉エキスの喘息改善への実績は非常に多くあり、喘息改善の方法の1つとして認知されたと言って良いでしょう。今までに判っているイチョウ葉エキスの喘息への効能はテルペンラクトンという成分が関係していると言われています。
テルペンラクトンのギンコライドが毛細血管拡張で血行を促進し、血流を上げる効果が喘息に良い効果を出しているのだそうです。イチョウ葉エキスには20種類を超えるフラボノイドが含まれます。イチョウの葉エキスにしか含まれない二重フラボンは強い抗酸化作用を示し、喘息という強い炎症を鎮めているのではないかということで、この分野での研究も進んでいます。喘息はアレルギーの一種ですので、イチョウ葉エキスだけで改善できるものではないことも判っています。喘息の方が抱える問題点は4つあり、それらを改善した上でイチョウ葉エキスを用いるのが最も効果的であると多くの喘息の専門家が言っています。喘息の4つの問題点とは、

  1. 炎症を抑制できない炎症体質(ビオチンで改善)
  2. 腸内環境が悪い体質(善玉菌で改善)
  3. 皮膚や粘膜が薄く弱いため外からアレルゲンが侵入しやすい体質(MSMで改善)
  4. アレルゲンに反応して大量のヒスタミンが作られる体質(ケルセチンで改善)

イチョウ葉エキスは中国漢方で実績を上げている漢方薬の多くがそうであるように、医薬品としての研究成果からよりも、過去からの使用実績が評価されて人気が出てきたサプリメントとも言えます。
イチョウ葉エキスにはテルペンラクトンやギンコライド以外にも、非常に多種類の栄養素が入っており、今後は様々な健康や美容に効果が期待されているものも多く含まれます。

イチョウ葉エキスで認知症予防

イチョウの葉エキスに含まれるテルペンラクトンのギンコライドには血小板活性を不活発化させる働きによる血行促進効果と、毛細血管拡張効果があります。複数の先進国ではイチョウ葉エキスの上記の効能が評価されて認知症の改善予防に用いられています。血流量が増加し、認知症を引き起こす血流障害(血行不良)を改善する効果が期待できます。イチョウ葉エキスの有効成分であるギンコグリコサイドなどの20種類を超えるフラボノイド類の中には、血行促進効果の高い成分が見られます。イチョウ葉エキスに含まれるこれらの血行促進に働くフラボノイドは、他の植物にはあまり含まれていないことが判っています。イチョウ葉エキスが認知症に効果を発揮する理由の1つです。イチョウ葉エキスは認知症になってしまう前に予防というかたちで摂取するのが望ましいと言われています。ドイツ政府は45歳を過ぎたらイチョウ葉エキスを摂取するよう奨励しています。症状を発症する前には集中力が落ちてきたり、精神的な落ち込みを起こす方がいらっしゃいます。イチョウ葉エキスの精神を高揚させる効果は、中高年男性の自殺防止に役立つでのはないかと期待されています。DHEAとイチョウ葉エキスの併用が効果的です。

スポンサードリンク
Filed under: 認知症予防サプリメント — admin 10:53 PM