アルツハイマー病

スポンサードリンク

アルツハイマー病とは、1906年にオーストリアの精神科医アロイス・アルツハイマー博士が、ドイツで行われた精神科学会において症例報告をしたのが広く社会に知られるきっかけとなりました。
その症例は、夫に対する嫉妬妄想・見当識障害がまず発症し、その後に進行性の認知症を呈し、4年半の経過で亡くなった51歳の女性の脳が、他の疾患で死亡した人と比べ明らかに小さく、病理学的異常(老人斑)が目立ったという内容でした。その後の1912年に、アルツハイマーの師匠であるクレペリンが、その著書「精神医学教科書」の中で、その症例に対して弟子の名を取り「アルツハイマー病」と命名したと言われています。

アルツハイマー病の原因

アルツハイマー病は、脳全般にβアミロイド蛋白という異常な蛋白質が蓄積する事により、脳の神経細胞が変性・・脱落してしまう病気です。そのために、脳の萎縮が進行し、認知症を発症すると考えられています。CT、MRIといった画像診断を行うと、比較的早期から側頭葉内側部(海馬領域)の萎縮が目立ってくるといわれています。進行すると脳全体の萎縮が顕著になります。しかし病状は把握する事はできても、未だにはっきりした原因は分かっていないというのが現状のようです。
老年期の認知症は、アルツハイマー型がもっとも多いとされており、アルツハイマー病は特別な病気ではなく、年齢を重ねれば誰でもかかかる可能性のある脳の老化に関係する病気であるとも言われています。
また、特殊な例ではありますが、家族性のアルツハイマー病も存在するようです。家族性のアルツハイマー病にはいろいろな遺伝子が関与しているといわれています。第1染色体、第14染色体、第19染色体、あるいは第21染色体上の遺伝子が原因として報告されています。また、非家族性のアルツハイマー病でApo E(アポ・イー)という物質に関する遺伝子異常が多いことがわかっています。

アルツハイマー病の症状

脳を構成している神経細胞が通常の老化よりも急速に、いわば病的に減少することにより、新しいことが覚えられない、経験したことを思い出せないという、単なる物忘れとは明らかに違う記憶の障害が起こってきます。もの忘れから思考や判断力の低下、言葉の異常、行動の異常がでてきて、認知症になっていきます。
知的能力低下に先立つ2〜3年前から、人格的な変化に加えて不安・抑うつ、睡眠障害、不穏、幻視妄想を認めることが多いのも特徴です。

アルツハイマー病の経過

典型例としてのアルツハイマー病の経過を示します。進行の速さは人それぞれで差が大きくありますし、一般にはより若くして発症した場合の方が進行が速く、症状もはっきりしているといわれています。また、抑うつ、不安・焦燥、興奮、不穏、せん妄、幻覚・妄想など認知症の周辺症状を伴うかどうかでも違った経過をたどります。

初期

まず「物忘れ」から始まることが多いようです。最初は初老期にあらわれる、単なる物忘れと区別がつけがたい程度ですが、徐々にひどくなり、仕事や家庭生活でも支障をきたすようになっていきます。日常生活で慣れた行動(入浴、食事など)は自分でできますし、古い過去の記憶はかなり保たれてはいますが、数日前の出来事や直前の出来事はすっかり忘れてしまいます。また、ものをどこに置いたか忘れてしまい、一日中探し回ると行った行動をとる例もあります。
それらと並行して、意欲・自発性・積極性の低下がみられ、世の中のことや周りのことに対する興味・関心が薄れてくることも特徴です。場合によっては、はっきりとした抑うつ気分が見られることもありますし、逆に、理由もない幸福な気分を伴うこともあります。

中期

認知症の状態がさらに進行し、記憶障害が顕著になります。最近のことはほとんど覚えられなくなり、過去の記憶さえもかなりあやふやになります。簡単な日常会話の他は、買い物やお金の計算などはほとんどできなくなります。また、日常のありふれた行為、例えば電話をするなどができなくなります。時間感覚も衰え、月日や時間等が認識できなくなります。
一人で外出すると迷子になって帰ってこれなくなってしまうということも良くあります。

末期

アルツハイマー病の末期になると、ほとんど言葉も出なくなって寝たきりになり、全体的な意識の低下が見られるようになります。また、周囲との交流も全くできなくなり、目的もなく徘徊し続けるといった状態になります。体力も低下し、軽い風邪が肺炎に移行するなど、身体合併症で死亡に至ることも多くなります。

アルツハイマー病の薬物治療

薬の選択
軽度 コリンエステラーゼ阻害薬
中等度 コリンエステラーゼ阻害薬
NDMA受容体拮抗薬
両者の併用
高度 コリンエステラーゼ阻害薬
NDMA受容体拮抗薬
両者の併用

近年治療薬の開発によって薬物治療が主に行われるようになってきました。
現在使用されているアルツハイマー型認知症の治療薬は大きく分けて2種類、コリンエステラーゼ阻害薬の「ドネぺジル塩酸塩」「ガランタミン臭化水素酸塩」「リバスチグミン」と、NMDA受容体拮抗薬の「メマンチン塩酸塩」です。
コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬はそれぞれ異なる神経伝達に影響を及ぼすので、併用することも可能です。また、貼り薬や内服液など薬の形状の種類も増え、患者さんの状態に合った薬を選ぶことができるようになりました。

副作用

アルツハイマー病薬の副作用
コリンエステラーゼ阻害薬
ドネベジル塩酸塩 吐き気・下痢など
ガランタミン臭化水素酸塩
リバスチグミン
NDMA受容体拮抗薬
メマンチン塩酸塩 めまい・眠気・頭痛・便秘など

アルツハイマー病治療薬の副作用として、コリンエステラーゼ阻害薬には吐き気や下痢、NMDA受容体拮抗薬にはめまい・眠気・頭痛・便秘などが起こることがあります。
使用に当たっては担当医や薬剤師から詳しい説明を受けることが、いらぬ不安を抱かないためにも重要です。また、家族の協力や介護サービスの利用などによって、きちんと薬を管理する体制をつくることも大切でしょう。

スポンサードリンク
Filed under: 認知症の原因疾患 — admin 7:43 PM