認知機能チェック!『脳測』サービス開始

スポンサードリンク

株式会社シグナルトーク(東京都大田区、代表取締役:栢孝文)は、認知機能をチェック・管理できるWebサービス、『脳測』(のうそく)を、本日7月12日に開始しました。
株式会社シグナルトークは、500万人の会員を擁するオンライン対戦麻雀ゲームやオンライン将棋を提供しているオンラインゲーム会社だそうです。
高齢化社会の日本では認知症が大きな社会問題となりつつあります。シグナルトークは、「高齢者の方にゲームなどの楽しみを提供し、認知症の予防やリハビリに繋がるサービスが提供できれば、大きな社会貢献ができる。」このような想いから『 脳測 』サービスをスタートしたのだそうです。

Web『 脳測 』サービスの特徴

『脳測』には、以下のような特長があり、認知機能低下の早期発見を促すと共に、医療機関を早期に受診頂き治療を行って頂くためのきっかけをご提供するためのサービスです。

  1. “認知機能”をパソコンで簡単にチェックし数値化できます。
  2. “認知機能”の推移をオンラインで確認できます。
  3. “認知機能”の測定について実効性が証明されたテストを使用しています。

また、認知機能障害の背景には「注意力」「エピソード記憶」「遂行機能」「ワーキングメモリ(作業記憶)」などの低下が原因としてあり、『脳測』では、それぞれに対応した4つのテストによる認知機能チェックができます。これらのテストは、MMSE(Mini-Mental State Examination=認知機能や記憶力を測定できる11の項目からなる医学検査)の結果との相関が見られたことが実証されているそうです。

まずは会員登録から

『脳測 』サービスを利用するには会員登録をする必要があります。基本的には有料サービスなのですが、今のところ「サービス開始記念(公開テスト期間)限定サービス」として、8月14日まで無料で有料会員と同じサービスを利用できるそうです。また、無料期間経過後にそのまま自動的に料金がかかる事は無いそうですので、とりあえず登録してサービスを利用してみるのもありかなと思います。
会員のアカウントは、1つ契約すると、最大5個まで利用可能な「家族単位」となっています。認知症は家族のサポートが必要であり、情報や行動を共有することで、認知症の早期発見や防止につながるとの考えが根底にあるようです。

『脳測』
URL : http://nosoku.jp/
主な対象 : 50歳以上の男女
無料期間 : 2012年7月12日開始
     (~2012年8月14日まで)
株式会社シグナルトーク 概要
URL : http://www.signaltalk.com/
代表者 : 代表取締役 栢 孝文
所在地 : 東京都大田区蒲田 5-8-7
     蒲田K-1ビル8F

スポンサードリンク
Filed under: 認知症関連ニュース — admin 2:17 PM