「高齢者の水頭症」コールセンター開設

スポンサードリンク

突発性正常圧水頭症は認知症状を伴う病気ですが、適切な治療により症状の改善が望める病気でもあります。しかし、患者さんと日常的に接している家族でもなかなか発見できないケースが多いようです。そんな突発性正常圧水頭症(iNPH)の置かれた現状に対し、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)メディカル カンパニーのコッドマン事業部では、治療により改善する認知症「特発性正常圧水頭症(以下,iNPH)」に関する相談や質問に応える電話相談窓口として「高齢者の水頭症 コールセンター」を,7月10日(火)より開設するそうです。

突発性正常圧水頭症(iNPH)は、頭蓋内に過剰に髄液がたまり、脳が圧迫を受けて歩行障害・認知症・尿失禁など様々な症状がおきてくる病気ですが、手術で改善する疾患として近年注目を浴びています。また、高齢者認知症の5%~10%がiNPHに関与し、少なくとも国内31万人の方が罹患の可能性があるとされています(東北大学 森悦朗先生 ならびに当社による2009年8月の「iNPH有病率に関する分析調査」)。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は2002年より、市民講座、ホームページ「高齢者の水頭症iNPH.jp」、小冊子などを通じて、突発性正常圧水頭症(iNPH)に関する一般の方々への疾患啓発を実施してきた実績のある企業だそうです。
近年のiNPHに対する関心や認知の高まりにより、患者さんやご家族、介護職の方からの疾患に関するご質問、iNPHの症状や治療法から治療後の検診や注意事項、医療機関などに関する問い合わせが増えている現状を鑑み、今回、「高齢者の水頭症 コールセンター」を開設することで、患者さんやご家族の方々へのiNPHに関する支援体制をさらに強化し、患者さんやご家族のQOL(クォリティー・オブ・ライフ:生活の質)の向上に貢献していきたいと考えているそうです。

コールセンター

「高齢者の水頭症 コールセンター」では、看護師や保健師などの医療従事者を中心に経験豊富なオペレーターとの混合体制で12時間対応し、患者さんやご家族、その周囲の方々のiNPHに関するお悩みやご質問を受け付けてくれるそうですので、突発性正常圧水頭症(iNPH)に関わる悩みを感じている方は利用してみては如何でしょう。


「高齢者の水頭症 コールセンター」

  • 電話番号: 0120-279-465 つなぐよろこ(び)
  • 受付時間:月曜日~金曜日(祝日・休日を除く) / 8時~20時
スポンサードリンク
Filed under: 認知症関連ニュース — admin 12:40 PM